お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯周病と虫歯の違いって何ですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

歯周病と虫歯の違いって何ですか?

東京都三田の歯医者・歯科、鶴木クリニック医科・歯科三田分院です。
今回のテーマは「歯周病と虫歯の違い」です。ぜひご愛読ください。
歯周病と虫歯、これらはどちらもお口の中の代表的な病気です。

最も、歯周病と虫歯は全く別物ですが、歯周病については詳しい症状を知らないという人も多いでしょう。
これは、歯周病が高齢の人だけに起こるイメージを抱かれているのが理由です。
しかし若くても歯周病になることはありますし、ここではそれぞれの病気をもっとよく知れるよう、
歯周病と虫歯を比較しながら分かりやすく説明していきます。

1. 症状の違い

まず歯周病と虫歯では、起こる症状が全く違います。歯周病は歯肉が炎症を起こす病気であり、
進行することで顎の骨に該当する歯槽骨を溶かしていってしまいます。
歯槽骨は歯を支える役割を果たしているため、これが溶かされることで歯は支えをうしなってしまいます。
そうなるとやがて歯は抜け落ちてしまい、これが歯周病になると歯が抜けるといわれる理由でもあります。

一方虫歯は虫歯菌によって歯が溶かされる病気です。治療しないかぎり虫歯は進行し、
歯の表面から象牙質、象牙質からやがて歯の神経にまで進行していきます。
最終的には歯をボロボロにしてしまいますし、象牙質や神経に進行することで激痛を感じます。
この痛みが理由で歯周病よりも虫歯を嫌がる人が多いですが、どちらも最終的に歯を失う怖い病気です。

2. 治療方法の違い

起こる症状が起こる箇所が違う以上、歯周病と虫歯の治療方法は全く異なります。
歯周病の治療の基本は歯石の除去と患者さん自身によるプラークコントロールであり、
お口の中を清潔にすることが歯周病治療のポイントです。ただし、進行によっては大きな治療が必要となり、
例えば歯肉を切開する歯周外科手術が必要なケースもありますし、治療不可で抜歯になることもあります。

一方虫歯治療ですが、これは多くの人がイメージする「削って詰め物で処置する」が基本です。
ただし虫歯の進行によって削る範囲が異なり、進行すればするほど奥まで削らなければなりません。
また、虫歯の場合も酷い場合は神経の除去、さらには抜歯が必要なケースもあり、
逆に完全に初期段階の虫歯の場合は削らずに治療することも可能です。

3. 要因の違い

歯周病も虫歯も、プラークの中に存在する細菌に感染することで起こります。
このため、「プラークの中に存在する細菌」という点ではどちらも要因は同じになります。
しかし肝心の細菌の種類は全く異なり、歯周病は歯周病菌、虫歯は虫歯菌によって引き起こされるのです。
それぞれの症状を引き起こす細菌が異なる以上、一方が予防できて一方が予防できないケースもあります。

よく「歯周病と虫歯の予防方法は同じなのに、なぜどちらか一方だけ起こるの?」という質問を受けますが、
その答えがここにあります。確かに歯周病も虫歯も予防方法は同じですが、
症状を引き起こす細菌が異なるため、歯周病になったけど虫歯にはなっていないということが起こり得ます。
ちなみにどちらも細菌に感染することで起こるため、身体の免疫力が高ければ予防しやすくなります。

4. 共通点

歯周病と虫歯は全くの別物ながらも、いくつか共通点もあります。例えば予防方法、
どちらも歯磨きや歯科医院の定期検診、生活習慣の改善が予防方法になります。
さらに、そこに至るまでの過程は違うものの、最終的に歯を失ってしまうという点も同じですし、
どちらも進行する、進行度に比例して治療が大掛かりになるといった点も同じです。

そして、最も重要な共通点はどちらも年齢関係なく起こり得るということです。
特に歯周病は高齢の人だけに起こるイメージがありますが、
初期段階の歯周病に相当する歯肉炎に至っては小学生だってかかります。
つまり、年齢関係なく歯周病も虫歯もどちらも予防する意識を持たなければならないのです。

5. まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の違いについてまとめます。

  1. 症状の違い :歯周病は歯肉が炎症を起こして歯槽骨を溶かす。虫歯は虫歯菌の酸によって歯を溶かす
  2. 治療方法の違い :歯周病は歯石の除去とプラークコントロール。虫歯は歯を削って詰め物で処置する
  3. 要因の違い :どちらもプラークに潜む細菌が要因だが、歯周病は歯周病菌、虫歯は虫歯菌によって起こる
  4. 痛くない治療を受けるには :早い段階で歯科医院に行く。症状が悪化すれば、痛い治療が必要になる
  5. 共通点 :予防方法、進行することで歯を失う、年齢問わず起こり得るなどの共通点がある

これら4つのことから、歯周病と虫歯の違いが分かります。
「歯周病は痛くないけど虫歯は痛い」…これだけの違いと思っていた人も多いでしょうし、
だからこそ歯周病は軽視されがちな傾向があります。

しかしここで説明したように、どちらも歯を失う要因になる怖い病気ですし、
痛みのない歯周病でも進行することで手術を伴う治療が必要になってくるのです。
つまりどちらも怖い病気であり、徹底予防が必要だということを知っておいてください。