お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

痛みに弱いので治療が怖いのですが何とかする方法はありますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

痛みに弱いので治療が怖いのですが何とかする方法はありますか?

東京都三田の歯医者・歯科、鶴木クリニック医科・歯科三田分院です。
今回のテーマは「歯科治療における痛み対策」です。ぜひご愛読ください。
虫歯や歯周病になった時、放置して歯科医院に行かない人がいます。

して、中には治療で痛むのが嫌だから歯科医院に行かないという人もいるのです。
確かに、歯科治療というのは世間では「痛い」、「怖い」とイメージが根付いています。
そこで、現状歯科医院で導入されている歯科治療の痛みへの対策について説明します。

1. 無痛麻酔

元々ある程度進行した虫歯治療では、治療に痛みを伴うために麻酔を使用することがあります。
このため治療に痛みはないのですが、麻酔自体が痛いという人も少なくありません。
そこで、歯科医院の中には無痛麻酔を導入しているところもあるのです。

無痛麻酔は名前のとおり痛くない麻酔…正確には全く痛まないわけではないので痛みの少ない麻酔です。
仕組みとしては、あらかじめ麻酔をうつ箇所に麻酔液を塗るだけです。
そうすることで、麻酔の注射の痛みを感じにくくなるのです。

2. 無痛治療

歯科医院によっては治療に恐怖心を抱く人のために、無痛治療を導入しているところがあります。
最も、無痛治療の内容は歯科医院ごとで異なるため、具体的な治療方法をここで断言することはできません。
そこで、あくまで一例として紹介すると「笑気ガス」の使用です。

治療前に笑気ガスを吸うことで恐怖心が和らぎ、心地良い気分で治療を受けることができるのです。
ガスの吸引という点で不安に思う人もいるでしょうが、
使用されているガスは無味無臭の亜酸化窒素ガスで身体に害はありません。

3. 痛み止めの処方

治療の痛みが怖い人の中には、治療時よりも治療後の痛みを心配する人もいます。
確かに治療自体は麻酔の効果で痛まないですし、治療後に麻酔が切れて痛むケースがあるのは事実です。
このため、治療後に痛みを感じるような治療を行った場合は、歯科医院で痛み止めが処方されます。

治療後の痛みは一時的なものですから、処方された痛み止めが足りなくなることはまずないですし

仮に足りなくなったとしても市販の痛み止めで対応できます。
余程進行した虫歯や歯周病でなければ治療後に痛むことはないですし、
そういった治療の場合も痛み止めが処方されるので安心です。

4. 痛くない治療を受けるには

歯科医院で痛くない治療を受けるには、何より早く歯科医院で治療を受けることです。
例えば虫歯治療、多くの人は「患部を削って詰め物で処置する」というイメージがあるでしょうが、
初期段階の虫歯であれば削らずに治療できることもあるのです。
この場合、例え削ったとしても歯の表面だけですむため、削ることで痛みを感じることはないのです。

一方、歯科医院に行きたくないからといっていつまでも放置してしまうと、
歯を削るだけでなく神経の除去や抜歯などの処置が必要になってくるでしょう。
つまり、虫歯に気付いた時点ですぐに歯科医院に行けば、最低限の治療で終えることができるのです。

5. 歯科医院選びにこだわる

歯科医院に行く時、実際に行く歯科医院を選ぶ基準として距離を最優先している人がほとんどです。
しかしそうではなく、痛くない治療を行っている歯科医院を選ぶのも一つの方法です。
と言うのも、上記で無痛麻酔や無痛治療について説明してきましたが、
これらは全ての歯科医院で導入されているわけではないのです。

歯科医院にはそれぞれ特徴があり、在籍する歯科医が得意とする治療もそれぞれ異なります。
このため、歯科医院を選ぶ際に無痛麻酔や無痛治療の導入の有無で決めてみてはいかがでしょうか。
こうした情報は歯科医院のHPで確認することができますし、
無痛麻酔や無痛治療を導入している歯科医院はHPでそのことが必ず紹介されています。

6. さいごに

いかがでしたか?
最後に、歯科治療における痛み対策についてまとめます。

  1. 無痛麻酔 :麻酔自体が痛いという人向け。麻酔前に歯肉に麻酔液を塗り、麻酔の注射の痛みを抑える
  2. 無痛治療 :一例として、笑気ガスを使用して恐怖心を和らげ、心地よい気分で治療を受けられる
  3. 痛み止めの処方 :治療後に痛みを感じる可能性がある場合は、歯科医院で痛み止めが処方される
  4. 痛くない治療を受けるには :早い段階で歯科医院に行く。症状が悪化すれば、痛い治療が必要になる
  5. 歯科医院選びにこだわる :無痛治療は全ての歯科医院で導入されているわけではないので注意

これら5つのことから、歯科治療における痛み対策が分かります。
歯科治療で痛みを感じる可能性が場面は、治療前と治療中と治療後です。
そして、それぞれの場面において痛みへの対策がなされています。
治療前は無痛麻酔によって麻酔で痛むことはありません。

また、治療中は笑気ガスによって痛みどころか恐怖を感じることなく治療を受けられます。
そして、治療後まで痛む可能性がある場合は痛み止めが処方されるようになっています。
このため痛みについては心配ないですし、
怖いと思って放置すれば余計大掛かりな治療が必要になってきてしまいます。

PAGE TOP