お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

虫歯は放置するとどうなるの?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

虫歯は放置するとどうなるの?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「虫歯は放置するとどうなるのか」です。ぜひご愛読ください。
虫歯になると歯に痛みを感じるため、多くの人はそれが我慢できなくなって治療を受けます。

しかし、神経が死んでしまうことで痛みは感じなくなりますし、それが理由で放置する人がいるのも事実です。
虫歯は細菌による感染で起こる病気なのでその点は風邪と同じなのですが、
風邪の菌と違って虫歯菌は自然に消滅することはありません。
このため放置すると取り返しのつかない事態に陥ることもあり、具体的にどうなるのかを説明していきます。

1. 虫歯の進行

虫歯を放置するとどうなるのか?今回のテーマでもあるこの質問に答えるなら、回答は「進行する」です。
では具体的にどう進行するかですが、虫歯の進行度は5段階に分けられており、
それぞれC0、C1、C2、C3、C4という表現で表し、数字が大きいほど虫歯が進行していることになります。

また、末期段階のC4になったとしても虫歯菌が消えることはなく、
むしろそこから虫歯の本当の怖い部分が姿を現わします。ではそれぞれC0~C4の状態で何が起こるのか、
さらに放置するとその後はどうなるのか、それが以下の説明になります。

2. C0の段階

完全な初期状態で、歯が白く濁ったり溝が茶色くなったりします。
この段階では虫歯に気付かない人もいますし、フッ素や歯磨きの力だけで治ることもあります。
普段から歯科医院で定期検診を受けている人なら、この段階でも歯科医が虫歯だと気付くでしょう。

これ以上進行すると、歯科医院で治療しない限り虫歯は治りません。
ただそもそも虫歯だと自覚するのが難しいため、
放置と言うより気付かずに進行させてしまうケースがほとんどです。

3. C1の段階

エナメル質が溶けて黒い小さな穴があいた状態です。
穴はあいているものの、まだ象牙質にまで虫歯菌が到達していないため痛みはありません。
歯科医院で治療しなければ治らないものの、治療内容は簡単なものですみます。

歯を削るにしても削る範囲は少ないですし、象牙質まで削らないため痛みを感じることなく治療できます。
痛みという自覚症状はないものの、黒ずんで見えることから虫歯だと気付くことは充分可能です。
この段階から進行させてしまうと、虫歯ならではのつらい痛みを感じることになります。

4. C2の段階

虫歯治療のために歯科医院に来る人のほとんどがこの段階です。
象牙質まで虫歯が進行しており、象牙質は刺激に対して非常に敏感です。
虫歯で痛むのはそのせいですし、刺激に敏感なため熱いものや冷たいものの飲食でしみるようになります。

象牙質まで虫歯が進行すれば必ず痛みを感じますし、この段階で虫歯に気付かないことはあり得ません。
治療内容はC1とほぼ変わらないものの、削る範囲が広くなるのと象牙質まで削る必要がある点で、
削った時に痛みを感じます。

5. C3の段階

歯髄、つまり歯の神経まで虫歯が進行しており、この状態になると激痛を感じます。
これは神経に炎症が起きているのが原因で、このままだとやがて神経は死んでしまいます。
神経が死ぬと痛みは感じなくなるものの、だからと言って虫歯菌が消えたわけではありません。

神経を破壊した後も虫歯菌は生きているため、虫歯はさらに悪化していくのです。
ここまでになると治療も大掛かりなものになり、神経の除去を含めた根管治療も行います。
虫歯で最も痛みを感じるのが、このC3の段階です。

6. C4の段階

末期状態で、この段階にまでなってしまうと歯もほとんど失われているでしょう。
神経も死んでいますし歯も削れるほど残っていないため、大抵の場合抜歯するしか方法がありません。
最も、歯が残せないと言っても虫歯菌が残っている以上は治療が必要です。

この段階になると痛みも感じず歯も失われているため、開き直って放置してしまう人がいます。
しかし、ここで放置すると虫歯の本当の恐ろしさを知ることになります。
やがて虫歯菌は血液に侵入し、血管を通じて全身に回ってしまうのです。
それが原因で脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされる事例もあり、実際に死亡例まであるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯は放置するとどうなるのかについてまとめます。

  1. 虫歯の進行 :虫歯は治療しない限り進行する。進行度はC0~C4までの5段階に分けられている
  2. C0の段階 :初期段階で歯も変色している程度の状態。歯磨きやフッ素で治ることもある
  3. C1の段階 :歯に小さな穴があいた状態で、象牙質までは進行していないので痛みは感じない
  4. C2の段階 :象牙質まで進行した状態。痛みを感じるため、この段階で虫歯に気付く人が多い
  5. C3の段階 :神経まで進行した状態。痛みどころか激痛を感じ、やがて神経も死んでしまう
  6. C4の段階 :歯もほとんど失われた末期状態。これ以上放置すれば命に関わる病気を招く恐れもある

これら6つのことから、虫歯は放置するとどうなるのかが分かります。
虫歯は放置すると、最終的に命に関わる病気を引き起こす可能性があります。
この事実で怖くなった人も多いでしょうが、逆に言えば放置さえしなければそんなことにはなりません。
虫歯は自然に治ることはないため、歯の異変に気付いたらすぐに歯科医院で診察を受けてください。
早い段階で虫歯の治療をすれば、痛みも時間も掛からない簡単な治療ですむのです。

PAGE TOP