お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「妊娠すると歯が弱くなるのは本当か」です。ぜひご愛読ください。
妊娠と歯の状態には様々な関係性が挙げられています。

例えば、歯周病になることで早産や低体重児出産のリスクが高まることも証明されています。
また、妊娠すると歯が弱くなるとも言われており、今回はそれをテーマにお話ししていきます。
妊娠すると歯が弱くなる理由、その対処法について分かりやすく説明してきます。

1. 「胎児がカルシウムを吸収するから」はウソ

「妊娠するとお腹の赤ちゃんがカルシウムを吸収するせいで歯が弱くなる」、そんな話をよく聞きますが、
実はこれは全くのでたらめです。確かに胎児は母親のカルシウムを吸収しますが、
それは骨の代謝が手段になっており、歯のカルシウムを胎児に供給するわけではないのです。

まるで赤ちゃんのせいで歯が弱くなるかのように思われがちですが、事実は全く違います。
妊娠すると歯が弱くのは本当ですが、その理由は別のところにあるのです。
こうした間違った知識は間違った予防法を生む要因になりかねないので注意してください。

2. つわりによる衛生面の問題

妊娠することでつわりが起こると、それが原因で歯が弱くなります。
この理由は特別なものではなく、単につわりが続くことで口の中の衛生面に問題が出るからです。
つわりによって口の中で細菌が増殖し、それが歯に悪影響をもたらしてしまうのです。

対処法としては歯磨きで口の中を清潔にすることですが、この時期は歯磨き自体もつらいのが難点です。
とは言え、全く歯磨きをしなければ細菌はどんどん増殖してしまうでしょう。
この場合、食後にこだわらずに気分のいい時に歯磨きするなどといった工夫が必要です。

3. 歯磨きのしにくさの問題

上記でも少し触れましたが、妊娠してつわりが酷い時期には思うように歯磨きできません。
これによって口の中を充分に清潔にしきれず、虫歯や歯周病を引き起こしてしまうのです。
対処法としては、妊娠中は従来の歯磨きの仕方にこだわらないことです。

食後のタイミングにこだわらなくてもいいですし、奥からゆっくり手前に動かす磨き方も効果的です。
また、歯磨き粉の匂いが吐き気に繋がるようなら歯磨き粉を別の種類のものに買い替えてもいいですし、
それでもつらいのであれば歯磨き粉を使用せずに磨くだけでも充分です。

4. 女性ホルモンの問題

妊娠すると女性ホルモンの分泌が過剰になることがありますが、これもまた歯の健康に関係してきます。
と言うのも、女性ホルモンには歯周病菌を増加させる性質があるからです。
過剰に女性ホルモンが分泌されることで歯肉に炎症を起こし、歯周病を引き起こしてしまうのです。

「男性よりも女性の方が歯周病になりやすい」、そう聞いたことがある人もいるでしょう。
これは何より、前述した女性ホルモンの過剰な分泌が根拠となった事実です。
歯肉が炎症を起こせば歯磨きもしづらくなり、それによって状態がより悪化してしまうのです。

5. 免疫力の低下の問題

妊娠中は免疫力が低下するため、風邪などには注意しなければなりません。
さて、免疫力が低下すると虫歯や歯周病にもなりやすくなってしまうのです。
なぜなら、虫歯も歯周病も風邪と同じで細菌によって感染する病気だからです。

細菌の感染から身を守るには免疫力の強さが大きく関わっており、
その点で考えれば妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい状態にあるのです。
さらに体温も上昇するため、細菌がより活発に働く環境にもなってしまうのです。
また、妊娠中は唾液の分泌量も低下するため、唾液による口の中の洗浄も不充分になるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠すると歯が弱くなるのは本当かについてまとめます。

  1. 「胎児がカルシウムを吸収するから」はウソ :胎児は歯ではなく骨の代謝によってカルシウムが供給される
  2. つわりによる衛生面の問題 :つわりが起こることで口の中が不衛生になり、細菌が増殖してしまう
  3. 歯磨きのしにくさの問題 :つわりが酷いと歯磨きが充分にできず、口の中を清潔にしづらくなってしまう
  4. 女性ホルモンの問題 :女性ホルモンの過剰な分泌は歯周病菌を増殖させる

これら5つのことから、妊娠すると歯が弱くなるのは本当かが分かります。
正確な表現を使うなら、「歯が弱くなる」というより「口の中に問題が起こりやすくなる」と言うべきでしょう。
特に歯周病は早産のリスクを高めてしまうため、赤ちゃんのためにも確実に予防しなければなりません。

ここでおすすめなのは、体調がいい時で構わないので歯科医院で検診を受けることです。
検診には予防効果はもちろんですが、それだけでなく歯周病や虫歯を早期発見できる利点があります。
後に訪れるつわりのことも考慮して、妊娠発覚の時点で早めに検診を受けてください。

PAGE TOP