お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

入れ歯を希望しています。保険と自費の入れ歯はどう違うのでしょうか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

入れ歯を希望しています。保険と自費の入れ歯はどう違うのでしょうか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い」です。ぜひご愛読ください。
入れ歯には保険が適用されるタイプのものと適用されないタイプのものがあり、
費用の点だけで考えれば、言うまでもなく前者の入れ歯の方が安くておすすめです。

しかし、これらの入れ歯の違いは単に保険の適用の有無だけではありません。
保険が適用されない、つまり自費の入れ歯にはそれならではの特徴があるのです。
そこで、ここでは保険適用の入れ歯と自費負担の入れ歯の違いを説明していきます。

1. 人工の歯の部分の違い

保険適用の入れ歯の場合、人工の歯で使用できる種類は限られます。
このため、場合によっては歯の形や色においてバランスが悪くなることがあります。

一方、自費負担の入れ歯の場合は「人工の歯=天然の歯の代わり」という扱いになります。
それぞれの人に合った色や形などが豊富に用意されており、不自然さを感じない自然な人工の歯になります。

つまり自費負担の入れ歯は天然の歯と変わらない見た目を実現できますが、
あくまで入れ歯であることには変わりないため、インプラントのように感覚までは天然の歯を再現できません。

2. 歯肉の部分の違い

保険適用の入れ歯とは言え、歯肉の部分はしっかりした作りになっています。
汚れにくく装着感も良いので不自由さはありません。ただし、形態の種類には限りがあります。

その点、自費負担の入れ歯は要望に合わせた形態にものを作ることが可能です。
汚れにくさと装着感の良さはもちろん、自費負担の入れ歯の歯肉はそれにプラスして形態も豊富です。

人工の歯の部分と同じで、歯肉の部分においても形態の豊富さで自費負担の入れ歯の方が審美性は高いです。
保険適用の入れ歯で用意されている歯肉の部分の形態は、あくまで基本的なものに限られます。

3. 義歯床の部分の違い

保険適用の入れ歯の義歯床の部分は非常に割れやすいため、防止の意味で分厚い仕様になっています。
さらに熱を加えにくいため、これらの影響で食べたものの温度や味覚が感じにくくなってしまいます。

一方自費負担の入れ歯の義歯床の場合、入れ歯が落ちないように固定されています。
さらに素材として金属を選択すれば、薄くなっていることで心地よく違和感のない装着感になります。

保険適用の入れ歯は割れ防止で分厚いものの、それでも固い場所に落とすと割れることがあります。
このため耐久性が高いとは言えないですし、装着した感覚も自費負担の入れ歯の方が快適です。

4. 維持装置の部分の違い

保険適用の入れ歯の場合、維持装置は残った歯を囲むような状態で固定します。
このためお口の中で違和感がありますし、会話時に維持装置が見えてしまうこともあります。

しかし自費負担の入れ歯の場合は、残った歯に大きな負担を掛けることがないため、歯を長持ちさせられます。
さらに種類によっては維持装置が全く見えないため、他人に入れ歯であることが分かりにくい利点もあります。

このように自費負担の入れ歯なら残った歯を守れる上に、入れ歯であることを知られるリスクも減らせます。
最も、入れ歯は外して洗浄が必要ですから、いくら分かりにくいと言っても家族にまで隠すことはできません。

5. それぞれの入れ歯のイメージ

保険適用の入れ歯のイメージを一言で表現すると、「マニュアルどおりの最低限の入れ歯」です。
保険適用させるためにはどうしても使用できる素材や部品が限られますし、
時間を掛けて作ってしまっては赤字にもなるため、どうしても最低限の入れ歯しか作れないのです。

一方、自費負担の入れ歯のイメージも同様に表現すると「オーダーメイドの入れ歯」です。
患者さんの要望や特徴に合った入れ歯を作るため、入れ歯としての質は当然高くなるのです。
最も、それだけ質の高い入れ歯を作るだけあって、完成までの期間は保険適用の入れ歯よりも長くなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いについてまとめます。

  1. 人工の歯の部分の違い
     保険適用の入れ歯 :使用できる種類が限られているため、歯の形や色がアンバランスになることもある
     自費負担の入れ歯 :人それぞれに合わせた歯の形や色が豊富なので、見た目の不自然さがない
  2. 歯肉の部分の違い
     保険適用の入れ歯 :汚れにくくて装着感も良いが、形態は基本的なものしかない
     自費負担の入れ歯 :汚れにくくて装着感も良い。さらに形態も豊富に用意されている
  3. 義歯床の部分の違い
     保険適用の入れ歯 :割れやすい素材なので分厚くしてあり、その影響で熱や味覚が感じにくい
     自費負担の入れ歯 :金属を使用することで、薄く違和感のない快適さが得られる
  4. 維持装置の部分の違い
     保険適用の入れ歯 :口内に違和感があり、会話の時に維持装置が見えてしまうこともある
     自費負担の入れ歯 :残っている歯に大きな負担が掛からない仕様になっている
  5. それぞれの入れ歯のイメージ
     保険適用の入れ歯 :マニュアルどおりの最低限の入れ歯
     自費負担の入れ歯 :オーダーメイドの入れ歯

これら5つのことから、保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いが分かります。
どちらが優れているかで言えば、間違いなく自費の入れ歯が全てにおいて上回っています。
ただしその分費用が高いため、この費用の差をどう捉えるかがポイントになるでしょう。
入れ歯としての質を求めるなら自費の入れ歯がおすすめですし、
費用の安さを最優先するなら比較するまでもなく保険適用の入れ歯がおすすめです。

PAGE TOP