お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯周病と虫歯の違いって何ですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

歯周病と虫歯の違いって何ですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。今回のテーマは「歯周病と虫歯の違い」です。ぜひご愛読ください。歯周病と虫歯、これらはお口の中の代表的な病気です。

ただし、病名が異なる点から分かるとおり歯周病と虫歯は全くの別物で、起こる症状すら異なります。そこで、ここでは歯周病と虫歯の違いについて説明し、さらにはこれらの共通点にも触れていきます。特に歯周病についてはよく知らない方も多いと思うので、この機にどんな病気なのかを知っておきましょう。

 原因菌の違い

歯周病も虫歯も細菌に感染することで起こる点は同じですし、要因となる細菌がプラークに潜んでいる点も同じです。しかし、原因となる細菌の種類は異なります。歯周病は歯周病菌によって引き起こされ、虫歯は虫歯菌によって引き起こされるのです。

このように原因菌が異なる以上、一方が予防できて一方が予防できないことはあり得ます。例えば歯磨きによってたまたま虫歯菌が潜むプラークを除去できたとしても、歯周病菌が潜むプラークを磨き残してしまえば、虫歯は予防できても歯周病になってしまうのです。

 症状の違い

これは文字からも連想できますが、歯周病は歯肉、虫歯は歯に直接症状があらわれます。歯周病は歯肉が炎症を起こして変色や腫れを招き、進行することで歯を支える歯槽骨を溶かしてしまいます。一方虫歯は虫歯菌の出す酸で歯が溶かされ、進行することで奥にある象牙質や神経が虫歯に侵されます。

このように起こる症状が全く異なりますが、同時に自覚症状も異なります。歯周病の場合痛みはなく、進行することで歯肉の退縮や歯のグラつきなどが起こります。一方虫歯は痛みという分かりやすい自覚症状が起こり、虫歯が進行することで痛みはより酷くなっていきます。

治療方法の違い

歯周病と虫歯は治療方法も全く違います。歯周病治療の場合は、歯石の除去や歯周ポケット内の清掃を含めたお口のクリーニング、さらに歯磨きを中心とする患者さん自身によるプラークコントロールが治療内容のメインになります。

一方虫歯治療の場合は、患部を削って詰め物で処置するのが基本です。ただしどちらにおいても言えるのが、進行すればするほど治療内容も大きなものになるということです。歯周病の場合は酷く進行すれば歯肉を切開するフラップ手術が必要になりますし、虫歯が酷く進行した場合は削る深さや範囲も大きくなり、歯髄を抜粋しての根管治療が必要になるのです。

共通点について

上記までの説明のとおり、歯周病と虫歯は原因菌も症状も治療方法も全く異なります。しかし、いくつかの共通点があることも忘れてはいけません。歯周病と虫歯は以下のような共通点があるのです。

最終的に歯を失う

歯周病も虫歯も放置してしまえば、最終的に歯を失います。歯周病の場合は歯を支える歯槽骨が溶かされ、グラついて不安定になった歯が抜け落ちてしまいます。虫歯も重度の段階まで進行すると歯がボロボロになり、治療しても歯としての機能は果たせなくなります。ちなみに、どちらの場合も重度まで進行すると治療を受けても抜歯せざるを得なくなることがあります。

予防方法

歯周病も虫歯も予防方法は同じです。
毎日の歯磨き、歯科医院の定期検診…予防においてこれらは欠かせないですし、
どちらも細菌による感染症のため、生活習慣を改善して身体の免疫力を高めるのも予防につながります。

誰でもなり得る

虫歯が子供~大人までなり得るのは知っていると思いますが、歯周病はどうでしょうか?歯が抜けるという点から年配の人だけになる病気のイメージですが、それは違います。歯周病も虫歯同様、子供から大人まで年齢関係なくなるのです。

実際、小学校時代の歯科検診で歯肉炎と診断された経験のある方も多いでしょうが、歯肉炎というのは初期段階の歯周病のことなのです。確かに小さな子供が歯周病で歯が抜けることはないものの、歯肉炎なら充分なり得ます。

まとめ

いかがでしたか?最後に、歯周病と虫歯の違いについてまとめます。

  • 原因菌の違い :どちらもプラーク内に潜む細菌によって起こるが、原因となる細菌の種類は異なる
  • 症状の違い :歯周病は歯肉が腫れて変色し、歯槽骨が溶かされる。虫歯は歯に穴があいて穴が深くなる
  • 治療方法の違い :歯周病はお口のクリーニングとプラークコントロール、虫歯は患部を削るのが基本
  • 共通点について :最終的に歯を失う、予防方法、子供~大人までなり得るなどの点は同じ

これら4つのことから、歯周病と虫歯の違いが分かります。
虫歯は痛みという明確で辛い自覚症状があることから、歯周病よりも虫歯が怖いという人が多いですね。
しかし、歯周病も進行することで歯を失ってしまう怖い病気です。

また、目立った自覚症状がないことで自分が歯周病だと気付きにくく、
その点では歯周病の方が重症化してしまう可能性が高いと言えるでしょう。
このため、大切な歯を守るためにも虫歯だけでなく歯周病もしっかりと予防してください。

PAGE TOP