お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「歯周病の痛みと症状」です。ぜひご愛読ください。
お口の病気になった時、誰でも気になるのが症状…そして痛みの有無です。

実際、虫歯の痛みで辛い経験をした方も少なくないと思います。
では歯周病はどうでしょうか?高齢の人がかかるイメージの歯周病ですが実際には若くてもなりますし、
その意味でもみなさんに歯周病の症状と痛みの有無についてお伝えします。

1. 痛みについて

まず歯周病になった場合の痛みですが、これは虫歯のような痛みは感じません。
と言うよりも、歯周病には虫歯の痛みのような明確な自覚症状がないのです。
また、痛みがないというこの事実が、歯周病が軽視されがちな理由でもあります。
「痛みがないなら歯周病になっても怖くない」、「治療しなくてもいい」…そう考えてしまう人が多いのです。

しかし考えてみてください…痛みなどの自覚症状がないということは、
自分が歯周病であることに気付くチャンスがないということにもなりますよね。
実はこれが歯周病の怖いところで、自覚症状がないことから自分が歯周病であることに気付けず、
気付いた時には重症化してしまうというケースが非常に多いのです。

2. 症状について

歯周病は進行する病気であり、症状は進行度によって異なります。
初期段階では歯肉が炎症を起こすことで腫れて変色し、歯磨きや食事の際に歯肉から出血しやすくなります。
また、お口の中で歯周病菌が繁殖すると口臭が気になるようになります。
そして中期段階になると歯槽骨が溶かされ、その影響で歯肉が下がって歯の根元が露出します。

これによって一見歯が長くなったように見えますし、
刺激に敏感な歯の根元が露出したことで冷たいものや熱いものの飲食でしみるようになります。
重度段階になるとさらに歯槽骨が溶かされることで歯がグラつき、最終的に抜け落ちてしまいます。
ちなみに、歯周病になると歯周ポケット(歯と歯肉の境目)に溝ができ、進行に比例して溝が深くなります。

3. 治療の痛みについて

初期段階の歯周病なら、治療で痛みを感じることはありません。歯石の除去や歯周ポケット内の清掃、
さらに患者さん自身によるプラークコントロールが治療のメインですから、歯を削ることもないのです。
しかしそれはあくまで初期段階の話…歯周病が進行することで治療内容も大掛かりなものになり、
麻酔なしでは到底できないような治療を行わなければならないのも事実です。

例えば中期段階以降になると、歯周ポケットの溝が深くなりすぎたことで外側からの清掃が困難になります。
この場合は手術によって歯肉を切開し、そこから歯周ポケット内の清掃をしなければなりません。
また、さらに重度段階になると状態によっては抜歯が必要になりますし、
溶かされた歯槽骨の再生を考えるなら全く別の治療もしなければなりません。

4. 歯周病の予防方法

歯周病を予防するための基本は毎日の歯磨きですが、ただ適当に磨くだけでは予防効果はありません。
歯磨きにおいて大切なのは頻度や回数ではなく精密さですから、1日1回は時間を掛けて丁寧に磨きましょう。
また、歯磨きする時にはプラークの除去率を高めるため、デンタルフロスや歯間ブラシも使用してください。
特に歯間ブラシは歯と歯肉の境目を磨けるため、歯周病予防に効果的とされています。

さらに3ヶ月に1回ほどのペースで歯科医院の定期検診を受けることも大切です。
定期検診を受けていればお口の中をクリーニングできますし、歯磨きでは対応できない歯石も除去できます。
このため歯周病の予防効果がより高まりますし、仮に歯周病になっても初期段階で発見が可能です。
早期治療すれば治療で痛むこともないですし、大きな問題に進展する前に確実に歯周病を治せます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の痛みと症状についてまとめます。

1. 痛みについて :痛みはないが、その分虫歯に比べて自分が歯周病だと気付きにくいので重症化しやすい
2. 症状について :歯肉が炎症を起こし、進行することで歯を支えている歯槽骨が溶かされる
3. 治療の痛みについて :基本治療に痛みはないが、進行することで歯肉の切開や抜歯などが必要になる
4. 歯周病の予防方法 :デンタルフロスや歯間ブラシを使った歯磨き、歯科医院での定期検診など

これら4つのことから、歯周病の痛みと症状が分かります。
他にも歯周病についての事実を挙げると、歯周病は生活習慣病としての一面を持っています。
疲労やストレスの蓄積は身体の免疫力を低下させ、歯周病になるリスクを高めてしまうのです。

また、喫煙することで歯周病になるリスクが5倍以上高まるというデータがありますし、
妊娠中の女性の場合は歯周病になることで早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。
単に痛みの有無で判断すれば歯周病は怖くないイメージですが、実はこうした怖い特徴を持っているのです。

PAGE TOP