お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正治療中に妊娠や出産はできますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正治療中に妊娠や出産はできますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療中の妊娠や出産」です。ぜひご愛読ください。
矯正は治療期間が長いため、女性ならその期間中に妊娠する可能性もあるでしょう。

また、妊娠するということは出産するということであり、こうした妊娠や出産は矯正治療中に行えるものなのでしょうか。
そこで、ここでは矯正治療中の妊娠や出産をテーマにしたお話をしていきます。

矯正治療中の妊娠や出産について

矯正治療中に妊娠しても問題ないですし、妊娠中に矯正治療を希望することにも問題ありません。実際、妊娠した女性が矯正治療を行うのは決して稀なケースではないですし、出産においても同様です。最も、出産前後は一時的に矯正治療を中断することもありますが、その場合は産後一ヶ月ほどで再開可能です。

このように矯正治療中の妊娠や出産は問題ないものの、妊娠している場合はそのことを歯科医に伝えなければなりません。と言うのも、妊娠中は避けた方が良い治療があるからです。

妊娠中に避けた方が良い治療

矯正治療ではその過程で色々な治療を行いますが、その中でも次の治療は妊娠中には避けるべきとされています。

レントゲン

矯正治療では、治療開始前にレントゲン撮影を行います。レントゲンとなると放射線が気になるイメージですが、歯科治療におけるレントゲンでは腹部に直接あてず、防護用のエプロンを着用してレントゲン撮影を行います。このため、お腹の胎児への影響はないとされているものの、それでも100%ないとは断言できません。

麻酔

矯正治療では抜歯が必要なケースがあり、その際には麻酔を使用します。この麻酔は局所麻酔のため使用量が少ないですし、胎児に影響がない麻酔薬を使用しています。しかし麻酔薬の中には子宮への影響、分娩促進作用を持つものもあるため、妊娠中は避けるべきでしょう。

痛み止め

妊娠中は胎児への影響の問題から、多くの薬が服用できなくなります。そして痛み止めにおいては、確実に安全と断言できるものがありません。このため妊娠中の痛み止めは避けるべきですし、必要であれば産婦人科の担当医に確認すべきです。

…妊娠中であることを伝えずに矯正治療を希望すれば、治療の過程でこうした治療を行うことになります。いずれもお腹の胎児への影響がゼロと断言できないため、妊娠中に矯正治療する場合は必ずそのことを伝え、安全な治療方法を提案してもらいましょう。

妊娠中の矯正治療の問題点

妊娠中でも矯正治療は行えますが、妊娠中であるがゆえのリスクもあります。次のリスクは避けることができないため、注意しなければなりません。

虫歯や歯周病になるリスクのさらなる向上

矯正治療中は矯正装置を装着するため歯磨きがしづらく、そのため虫歯や歯周病になるリスクが高まります。そして妊娠中の矯正治療においては、そのリスクがさらに高まります。なぜなら、妊娠したことによって起こるホルモンバランスの変化によって歯周病になるリスクが高まりますし、つわりが原因でお口のケアがしづらくなり、虫歯になるリスクが高まってしまうからです。

矯正装置を装着することでのつわりの悪化

これは人によりますが、妊娠中に矯正装置を装着するとその不快感からつわりが悪化するケースがあります。元々つわりの辛さは妊娠すると避けられない問題ですが、矯正治療によって矯正装置を装着するとその辛いつわりがさらに酷くなってしまうのです。だからと言って我慢すれば、辛さを我慢することがストレスの蓄積につながってしまいます。

矯正治療の中断について

妊娠中に矯正治療を検討するのであれば、あらかじめリスクを知った上で充分検討する時間がありますが、問題は既に矯正治療を行っている状態で妊娠した場合です。この場合、矯正治療が辛くなることで治療を止めたいと思うかもしれません。

しかし、止めてしまえばこれまでの治療の成果が全て失われてしまいます。そこで提案したいのが、矯正治療の中断です。矯正治療は一時的に中断することが可能であり、もちろん中断後の再開も可能です。

あまり長期間の中断となると不可能かもしれませんが、例えば「つわりがおさまるまでの期間」など一時的に矯正治療を中断したい場合、歯科医に相談してください。一定期間中断し、体調が良くなってから矯正治療を再開することが可能です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療中の妊娠や出産についてまとめます。

1. 矯正治療中の妊娠や出産について :可能だが、妊娠や出産については必ず歯科医に伝えること
2. 妊娠中に避けた方が良い治療 :レントゲン、麻酔、痛み止めの薬など
3. 妊娠中の矯正治療の問題点 :虫歯や歯周病になるリスクのさらなる向上など
4. 矯正治療の中断について :歯科医に相談すれば、矯正治療は一時的な中断が可能

これら4つのことから、矯正治療中の妊娠や出産について分かります。
矯正治療中でも妊娠や出産は可能ですが、注意点やリスクが発生することも事実です。
このため、妊娠している時に矯正治療を希望する場合は歯科医とよく相談してから決めましょう。

PAGE TOP