お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

小児期の指しゃぶりは、歯列にどんな影響を与えますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

小児期の指しゃぶりは、歯列にどんな影響を与えますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「指しゃぶりすることでの歯列への影響」です。ぜひご愛読ください。
歯並び…つまり歯列の乱れの要因は様々ですが、その中の1つとして小児期の癖があります。

小さな子供には子供ならではの癖があり、親からすればそれは微笑ましく可愛いものかもしれません。しかし、子供の癖の中には歯列に影響を与えるものもあり、例えば指しゃぶりもそれに該当する癖です。そこで、ここでは小児期の指しゃぶりが歯列にどんな影響をもたらすのかについて説明します。

指しゃぶりが与える歯列への影響

指しゃぶりによって指を吸う力は非常に強く、歯や顎にとても大きな力が掛かります。小児期は成長期でもありますから、その時期に指しゃぶりを行うとその時に掛かる力が歯列に影響します。例えば前歯の噛み合わせが悪い開咬…これは指しゃぶりが原因で起こる症状です。

また、指しゃぶりによって前歯が指で押されることで出っ歯になってしまいます。さらに、指しゃぶりの時に上下の前歯を噛むと前歯に隙間ができやすく、歯列が乱れてしまいますし、指を吸うことで頬の筋肉で歯が内側に押されるため、歯列の幅も狭くなってしまいます。

このように指しゃぶりは歯列に数々の影響…それも悪い影響を与えますが、それだけなく顎の成長にも影響してしまい、顎の変形まで引き起こしてしまいます。他にも唇がめくれたような見た目になる、口呼吸になりやすいなどの問題も起こります。

指しゃぶりと子供の年齢

歯列、さらに顎の成長に悪い影響を与えることから、指しゃぶりの癖はやめさせた方が良いでしょう。とは言え、やめさせる時には子供の年齢を考慮したやめさせ方を考えなければなりません。指しゃぶりはある意味生理的現象ですから、叱るのではなく少しずつやめさせる方向で考えていきましょう。

1歳~3歳の時期

1歳~3歳くらいの子供は、年齢的に考えて大人の注意をしっかりとは理解できません。このため指しゃぶりをやめさせるのは簡単ではないですし、実際には見守る程度の意識で構いません。と言うのも、この時期は永久歯がまだ生えていないため、指しゃぶりの影響がそれほど強くないからです。

3歳~5歳の時期

3歳を過ぎた子供なら、大人の注意が少しずつ理解できるようになってきます。このため、指しゃぶりはこの時期に本格的にやめさせるようにしましょう。ただし叱るのではなく、指しゃぶりをやってはいけないという意識づけをさせてあげることが大切です。

5歳以上の時期

そもそも5歳を過ぎた子供だと、指しゃぶりの癖がなおっている可能性が高いでしょう。なおっていなければ永久歯の歯列に影響を与えてしまうため要注意です。この時期での指しゃぶりは早急にやめさせる必要があるため、道具を使った方法なども考えるべきでしょう。

…指しゃぶりは生理的現象、言ってみれば小さな子供が自然に行う行為です。ですから叱るのは良くないですし、その場合は隠れて指しゃぶりする可能性もあります。このため注意を理解できる年齢になったら、指しゃぶりはいけないことなのだと理解させることが必要です。理解することで子供もそれはやってはいけないことだと認識し、指しゃぶりをしなくなるのです。

指しゃぶりをやめさせるための工夫

指しゃぶりをやめさせるには、医学的というよりも子供の気持ちを理解したやめさせ方を考えましょう。もちろん言葉でやめさせることが理想ですが、それができない場合は次の方法を参考にしてください。

外で遊ばせる

ボールや遊具で遊べば、遊びにおいて手を使うため指しゃぶりしたくてもできなくなります。さらに外で遊ぶことは子供にとって大きな運動になりますから、夜も疲れてすぐ寝てしまうため、寝る前にいつまでも起きて指しゃぶりすることもなくなります。

道具を使う

最近では様々な便利グッズが登場し、調理など生活において役立つものが多いですね。こうした便利グッズの中には子供の指しゃぶり対策になるものも存在するため、そのような道具を使って指しゃぶりをやめさせるのも一つの方法です。

子供が寝た後も一緒にいる

無意識に行う指しゃぶりへの対処方法です。子供は寝ている時に無意識に指しゃぶりすることがあるため、子供が寝た後もそばにつき、指しゃぶりをしたらそっと外してあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、指しゃぶりすることでの歯列への影響についてまとめます。

1. 指しゃぶりが与える歯列への影響 :開咬や出っ歯、前歯に隙間ができる、歯列の幅が狭くなるなど
2. 指しゃぶりと子供の年齢 :年齢に応じた対処が必要。3歳頃からやめさせることを考える
3. 指しゃぶりをやめさせるための工夫 :外で遊ばせる、道具を使う、子供が寝た後も一緒にいるなど

これら3つのことから、指しゃぶりすることでの歯列への影響について分かります。子供の時の思わぬ癖が歯並びを悪くさせる、もしくは噛み合わせを悪くさせる例は他にもあります。

舌で歯を押し出す、食いしばるなどの癖は同様に悪影響を与えるため、最終的にはやめさせてあげなければならないですし、何より親が注意してあげなければなりません。

PAGE TOP