お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

小児矯正は、歯磨きがしづらくないでしょうか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

小児矯正は、歯磨きがしづらくないでしょうか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「小児矯正と歯磨き」です。ぜひご愛読ください。親は子供の歯の健康を考え、子供の歯並びが悪いと小児矯正を検討するでしょう。

しかし歯の健康を考えた時、真っ先に重要と考えるのは「歯並びの改善」よりも「虫歯の予防」だと思います。そうなると、小児矯正を行うことがむしろマイナスになると考える方もいるのです。と言うのも、小児矯正によって矯正装置を装着すれば、歯磨きがしづらさを不安視するからです。

歯磨きのしづらさについて

結論から言うと、小児矯正で歯磨きがしづらくなることはありません。おそらくワイヤー矯正を連想して歯磨きのしづらさを不安視しているのだと思いますが、小児矯正で使用する矯正装置はそれとは異なり、主に取り外しタイプのものがほとんどです。

このため、矯正装置が原因で歯磨きしづらくなることはありません。最も、小児矯正をする時点で歯並びはある程度凸凹しているでしょうから、歯並びが良い子供に比べると歯磨きの精度が落ちますし、その点を考慮して歯磨き指導も行っています。

<小児矯正で使用する矯正装置>
・拡大床 :取り外しできるため、矯正装置を外して歯磨きできます
・アクチバトール :取り外しできるため、矯正装置を外して歯磨きできます
・リンガルアーチ :取り外しできないものの、裏側に装着するため唾液が細菌を流してくれます。

…拡大床とアクチバトールは取り外しできるため、歯磨きに一切支障はありません。特にアクチバトールは1日10時間ほどの装着となるため、睡眠時間の長い子供の場合は就寝中のみの着用で矯正治療が可能です。

リンガルアーチは取り外しできないため、確かに歯磨きはしづらくなるかもしれません。しかし矯正装置を裏側…つまり舌側に装着するため、矯正装置を装着した箇所は唾液に満たされて細菌が流れやすくなります。

小児矯正は虫歯になるリスクを減少させる

そもそも、小児矯正を行うと虫歯になりやすいどころか予防しやすくなります。と言うのも、歯並びが悪い状態だと凸凹しているため、歯磨きの精度が落ちてしまうからです。また、歯と歯が重なることでそこに細菌が溜まってしまう問題もあります。

つまり、矯正治療のメリットは単に歯並びの見た目を良くするだけでなく、将来虫歯や歯周病を予防しやすくなるメリットもあります。このため、小児矯正を行うことでむしろ虫歯の予防効果が高まるのです。

大人になってからの矯正治療

どうしても小児矯正による虫歯のリスク向上が気になるなら、いっそ大人になってから矯正治療するというのも選択肢の一つです。確かに、大人なら例え歯磨きがしづらくても、歯磨きの技術的には子供より遥かに上手でしょうからね。

しかし、大人と子供を比較すると矯正治療のタイミングとしては子供の時が最適とされています。なぜなら、大人の矯正治療では非抜歯で行える可能性が低くなりますし、年齢的に審美性が気になることで、矯正装置の装着も苦に感じてしまうからです。

小児矯正のメリットとデメリット

さて、小児矯正は大人の矯正治療に比べてメリットがある反面、デメリットがあることも事実です。そこで、小児矯正のメリットとデメリットを次のようにまとめました。

<小児矯正のメリット>
・大人の矯正治療に比べて痛みが小さい
・非抜歯で矯正治療を行う可能性が高い
・骨格的な問題を軽減できる
・骨のやわらかさによって、大人の矯正治療に比べて歯が動きやすい
・治療において顎の成長を利用することで幅広い症例に対応できる

<小児矯正のデメリット>
・子供の協力を得られなければ矯正治療は成功しない
・永久歯が生えた後に第二期治療を行うケースもある
・顎の成長を利用した治療によって、一時的に歯並びが悪くなってしまうことがある
・大人の矯正治療に比べると治療期間を予測しづらい
・矯正方法によっては虫歯になるリスクが高まってしまう

…矯正治療の開始時期を最終判断するのは患者さんです。ですから、デメリットの内容が気になって小児矯正を見送る方もいるでしょう。大切なのは、メリットとデメリットから親や子供にとって最も良い治療の開始時期を考えることです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児矯正と歯磨きについてまとめます。

1. 歯磨きのしづらさについて :取り外しタイプの矯正装置なら全く問題ない
2. 小児矯正は虫歯になるリスクを減少させる :歯並びが改善されれば歯磨きの精度が高まる
3. 大人になってからの矯正治療 :タイミングとしては、子供の時に矯正治療した方が良いとされている
4. 小児矯正のメリットとデメリット :デメリットが気になるなら、もちろん治療を見送る選択肢もある

これら4つのことから、小児矯正と歯磨きについて分かります。小児矯正は取り外しタイプの矯正装置が主ですから、それを使用すれば歯磨きの支障にはなりません。ただし症例によっては対応できる矯正装置が限られるため、いずれにしても歯科医とよく相談した上で治療を検討してください。

PAGE TOP