お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供はまだ2歳ですが受け口です。小児矯正はいつから開始すべきですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

子供はまだ2歳ですが受け口です。小児矯正はいつから開始すべきですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。今回のテーマは「受け口改善のための小児矯正の開始時期」です。ぜひご愛読ください。矯正治療は早く行う方が良いと言われており、そのため大人よりも子供の時に治療を希望する人が多いです。

ただし、ただ早ければ良いというわけではなく、大切なのは症例に応じて適切な治療開始のタイミングを判断することです。そこで、一例として子供の受け口改善を目的とした矯正治療開始のタイミングについて説明します。

受け口改善を目的とした小児矯正の開始時期

子供の矯正治療を小児矯正と呼びますが、小児矯正が必要な症例は様々です。さて、受け口改善を目的とした小児矯正の場合、治療の適切な開始時期は3歳が目安です。と言うのも、それ以前…つまり2歳の時点で受け口の場合は自然治癒が見込まれるからです。

確率として、2歳の時点で受け口の場合は約50%の確率で自然治癒によって改善されていますし、その一方で3歳になると自然治癒で受け口が改善される確率が大きく減少します。このため受け口の場合、自然治癒が期待できなくなる3歳の時点で小児矯正を開始するのがベストでしょう。

<2歳までに受け口改善目的の小児矯正はするべきではない?>
もちろん、2歳の時点で受け口の子供を小児矯正によって改善することは可能です。しかし小児矯正は治療費が高くなりますし、長期間の治療は子供にも負担になります。ですから自然治癒で改善されればそれが一番良いですし、それが見込めるうちは様子を見るべきでしょう。

受け口の原因

そもそもなぜ受け口になってしまうのか?…それは偶然ではなく理由があります。子供が受け口になる理由…すなわち受け口の原因には次のことが考えられます。

口呼吸

口呼吸は文字どおり口を使って呼吸しますから、呼吸時に鼻を使っていないことになります。身体の器官というのは使わなければ小さくなっていきますから、口呼吸で鼻を使わなければ鼻の骨と一体化している上顎が小さくなり、そのため受け口になりやすいのです。

遺伝

遺伝によって子供が受け口になることもあります。これは決して稀ではなく、子供の顔が親に似るように、噛み合わせなどを含めた口の中の状態も親に似るものです。ですから親が受け口の場合、子供もまた受け口になりやすくなります。

舌の位置

舌が低い位置にあり、さらに下の歯の裏側にある場合は受け口になりやすくなります。なぜなら、舌の位置が低いと舌で前歯を押し出してしまい、そのため下顎と下の前歯だけ成長してしまうからです。

指しゃぶりや頬杖など、子供特有の癖の中には歯並びや噛み合わせに影響するものがあります。こうした癖によって歯並びや噛み合わせが悪くなれば、状態によっては口を完全に閉じるのが難しくなるため、呼吸時に口呼吸になってしまいます。

<癖が原因で受け口になった場合の注意点>
癖が原因で受け口になった場合、例え小児矯正で改善しても癖を直さないとまた同じ問題が起こります。せっかく受け口が改善されたとしても、再び癖によって歯並びや噛み合わせが悪くなれば、同じように受け口になってしまいますし、そうではなくても歯並びや噛み合わせは確実に悪くなります。

受け口が引き起こす問題

特に親が受け口の場合、子供が受け口でも単に親と顔が似ているとしか考えない人もいるでしょう。確かに遺伝によって受け口になるケースは稀ではないですが、だからと言って子供の受け口をそのままにしておくと次の問題が起こります。

見た目が悪くなる

受け口の状態だと顔の見た目が悪くなります。子供が大きくなればなるほど、子供自身がそのことを気にするようになってしまいます。

顎関節症になりやすい

顎関節症は歯並びや噛み合わせが正常な人でも発症する病気です。しかし、受け口によって歯並びや噛み合わせが悪い人は発症しやすくなり、さらに重症化もしやすくなります。

発音がしづらくなる

受け口だと上下の歯が噛み合わなくなるため、常に上下の歯に隙間ができた状態になります。このため息が漏れてしまい、「さ行」と「た行」の発音がしづらくなります。

虫歯や歯周病になりやすい

受け口の状態だと決して歯並びや噛み合わせが良いとは言えません。歯並びや噛み合わせが悪いと特定の箇所にプラークが溜まってしまい、虫歯や歯周病になりやすくなります。

<受け口は健康面においてもマイナスの影響をもたらす>
受け口で起こる問題を考えた時、真っ先に想像するのは見た目の悪さ…つまり審美面でしょう。しかし、それだけでなく健康面においてもマイナスの影響をもたらします。なぜなら虫歯や歯周病や顎関節症、受け口が原因でこれらが発症しやすくなるからです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、受け口改善のための小児矯正の開始時期についてまとめます。

1. 受け口改善を目的とした小児矯正の開始時期 :3歳が目安。2歳までは自然治癒が見込まれるため
2. 受け口の原因 :口呼吸、遺伝、舌の位置、癖など
3. 受け口が引き起こす問題 :見た目が悪くなる、顎関節症になりやすい、発音がしづらくなるなど

これら3つのことから、受け口改善のための小児矯正の開始時期について分かります。子供の受け口は、自然治癒が見込まれる2歳までは様子を見た方が良いでしょう。しかし、3歳になると自然治癒する確率が大幅に下がるため、その時点…つまり3歳の時期を小児矯正開始のタイミングと考えています。

PAGE TOP