お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正の痛みはどの程度のものですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正の痛みはどの程度のものですか?

東京都三田の矯正歯科・顎変形症治療専門の鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正で感じる痛み」です。ぜひご愛読ください。
患者さんの立場になって考えると、歯科治療で最も気になるのは痛みの有無ではないでしょうか。

そこで矯正の痛みについて説明すると、まず矯正ではどうしても痛みを感じてしまいます。
しかしその程度を説明するのは難しく、なぜなら痛みの程度には個人差があるからです。
そこで、少しでも分かりやすいよう矯正における痛みについて説明していきます。

矯正装置装着の痛み

矯正装置の役割は歯を矯正させることで、このため歯に対してそれを動かすための矯正力が掛かります。
いわゆる「歯を押す力」や「歯を引く力」であり、こうして歯を動かす時に痛みを感じますし、
言い換えるなら、痛みを感じるということは正常に歯が動いているということにもなります。

ただ、中にはこの痛みを痛みではなく違和感と捉える人もいるため、
必ずしも矯正装置の装着で歯が痛むとは限らないでしょう。
また、矯正装置のワイヤーを定期的に新品のものと交換しますが、交換直後は痛みを感じやすくなっています。

抜歯の痛み

矯正の過程で感じる痛みを挙げるなら、抜歯の痛みも含まれます。
矯正では歯を綺麗に並べますが、そのためにはスペースが必要であり、
スペースを確保できないと判断された場合は抜歯してスペースを作ります。

この抜歯による痛みも矯正における痛みの一つであり、
ただ実際には麻酔を使用するため、痛みよりも恐怖の方が強いかもしれません。

口内炎の痛み

矯正を開始した当初に頻発しやすいのが口内炎の痛みで、
これは矯正装置が口の中の粘膜を傷つけることで起こる問題です。

矯正装置が粘膜に当たらないようにワックス等を装置につけることによりこれらの粘膜の損傷を防ぎます。
また、治療により歯並びが整ってこれば矯正装置も粘膜に当たりにくくなり、口内炎の問題は解消されます。

噛む痛み

矯正装置を装着した当初は、装着に不慣れなために日常生活の中でも痛みを感じることがあります。
例えば、「頬を噛んでしまう」、「食事で噛む動作をする時に痛んでしまう」などが挙げられ、
頬を噛むのは矯正装置の装着に慣れてしまえばその時点で解消される問題ですね。

また、食事の痛みは献立や食材の工夫によって解消でき、
例えば強く噛まずに食べられる柔らかめのメニューにすると良いですね。
特にあまりかたいものを食べてしまうと、噛んだ時に矯正装置が破損する可能性もあります。

矯正の痛みを解消する方法

おそらく歯科医院でも説明があると思いますが、矯正の痛みはある程度の解消も可能です。
例えば痛み止めを飲むことで、これは歯科医院で処方されたものはもちろん、市販のものでも構いません。
最も、常に飲み続けるわけにはいかないため、ある程度の我慢も必要になってくるでしょう。

また、口内炎の対処としてホワイトソックスという方法もあり、これは口の中に塗るワックスのようなものです。
ホワイトソックスは粘土状になっており、塗っておけば矯正装置と粘膜の摩擦を防ぐことができ、
粘膜を傷つけることによって発生する口内炎の問題を解消できます。

矯正の痛みが続く期間

矯正の痛みは治療中ずっと続くわけではなく、一般的には最初の1週間くらいですむことがほとんどです。
と言うのも、痛みの要因の根本にあるのは矯正装置装着に対して不慣れなことが挙げられ、
使用するにつれて装着に慣れてくるため、痛みも徐々に感じなくなっていきます。

最も、矯正装置を調整すれば再び痛みを感じるようになりますが、これも数日程度で感じなくなりますし、
感じたとしてもそれは痛みではなく違和感程度でしかありません。
このため、矯正の痛みについてはそこまでシビアに考えなくても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正で感じる痛みについてまとめます。

1. 矯正装置装着の痛み :歯を動かす時に押す力や引く力がかかって痛みを感じる
2. 抜歯の痛み :矯正では歯を並べるスペース作りのために抜歯が必要になることがある
3. 口内炎の痛み :矯正装置が口の中の粘膜を傷つけると口内炎ができて痛む
4. 噛む痛み :矯正装置の装着に不慣れなため頬を噛むなどの痛みを感じることがある
5. 矯正の痛みを解消する方法 :痛み止めを飲む、ホワイトソックスを塗るなど
6. 矯正の痛みが続く期間 :矯正開始当初は痛むがそれが続くわけではなく、慣れてこれば痛みにくくなる

これら6つのことから、矯正で感じる痛みについて分かります。
確かに矯正では痛みを感じますが、それは虫歯などの痛みとは全く違い、
常にズキズキするような激痛はありません。
ですから、痛みは感じるもののそこまでシビアに考える必要はなく、痛み止めなどでの対処も可能です。

PAGE TOP