お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正に年齢制限はありますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正に年齢制限はありますか?

東京都三田の矯正歯科・顎変形症治療専門の鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「50代から始める矯正」です。ぜひご愛読ください。
矯正は子供が行う治療のイメージがありますが、もちろん大人が矯正することも可能です。

確かに、子供と大人で比較した場合、時期的には子供の時に矯正した方がメリットは多く、
そのため「矯正=子供が行う治療」のイメージを持っている人が多いのでしょう。
しかし大人の矯正は決して稀なケースではないですし、例えば50代の人でも矯正できるのです。

50代の矯正

矯正に明確な年齢はなく、ですから50代でも60代でも治療は可能です。
矯正を行う上で重要なのは年齢ではなく歯の健康状態であり、
その意味では確かに50代や60代の人だと矯正できないケースがあるのも事実です。

と言うのも、そのくらいの年齢になると虫歯や歯周病で歯を失っているケースがあるからで、
矯正とは歯を動かす治療ですが、そのためには歯・歯肉・顎の骨が健康であることが必須条件になります。
言い換えれば、50代や60代の人でも歯・歯肉・顎の骨が健康なら、問題なく矯正できるということです。

歯・歯肉・顎の骨が健康なら50代の人でも矯正は可能

50代で矯正を行う時の注意点

50代で矯正を行う場合、若い人の矯正以上に注意しなければならないのが医院選びです。
矯正を希望するとなると当然それに対応した医院探しをすることになりますが、
その場合は専門医クラスの高い技術・知識を持った医師からの治療を受けるべきでしょう。

なぜなら、50代の人は年齢的に歯肉の免疫力低下によって歯肉が下がりやすくなっており、
しかも矯正によってそれがなお促進される可能性があるからです。
さらに治療期間も長いため、レベルの高い医師でなければ不安要素の多い治療になってしまいます。

50代の人の矯正は専門医クラスの医師でなければ不安要素が多くなる

50代で矯正するメリット

歯並びや噛み合わせの改善などはもちろん、
50代の人が矯正する最大のメリットは「歯や歯肉の健康を維持できること」ではないでしょうか。
「歯や歯肉を守る」は誰もが理解している当然の考えですが、なかなか実践できない人も多いでしょう。

しかし、矯正を行うからにはその実践は必須であり、矯正後はよりケアしやすくなります。
つまり、矯正を行えば必然的に歯や歯肉の健康維持に努めることになるわけで、
結果的に口の中の健康を長続きさせられる…これが50代の矯正の大きなメリットと言えるでしょう。

矯正を行うことは歯や歯肉をケアすることになり、それが50代の人が矯正する最大のメリット

通院に関する問題

50代の人が矯正を行う場合、若い人の矯正に比べて通院の点で支障を感じる部分があるかもしれません。
その理由は2つで、1つは年齢的に歯周病になりやすいこと。
もちろんその場合は歯周病治療を行いますが、その治療によって矯正の治療期間が長引いてしまいます。

治療期間が長引けばそれだけ通院回数も増すことになり、
若い人に比べて通院のスケジュールを多めに確保しなければなりません。
もう1つは体力的な問題で、年齢的に長期間の通院が辛いと感じてしまう人もいるのです。

歯周病治療による治療期間の延長、体力的な問題などから50代の人は通院に支障を感じやすい

若い人と比較した場合の違い

矯正装置を装着して歯を動かす…この仕組み自体は年齢関係なく同じであり、
ですから若い人でも50代の人でも矯正の治療内容に違いはありません。
ただ、50代の人の矯正では歯が動きにくく、これは歯周組織の代謝の低下が原因です。

そのため若い人に比べて治療期間が長くなりやすく、また後戻りも起こりやすいでしょう。
もっとも、こうした問題への対処は充実しており、治療期間が長くなっても矯正は可能ですし、
後戻りに対しても保定装置を装着することで防げるため、心配ありません。

50代の人は治療期間が長引きやすく、後戻りもしやすいが、治療や対処は充分可能

まとめ

最後に、50代から始める矯正についてまとめます。

  1. 50代の矯正 :歯・歯肉・顎の骨が健康なら、例え50代や60代の人でも矯正は可能
  2. 50代で矯正を行う時の注意点 :歯肉が下がりやすく、レベルの高い医師からの治療を受けるべき
  3. 50代で矯正するメリット :歯並び・噛み合わせの改善だけでなく、歯・歯肉の健康維持につながる
  4. 通院に関する問題 :通院期間が長くなる、体力的に辛いなどの問題が想定される
  5. 若い人と比較した場合の違い :治療期間が長くなりやすく後戻りも起こりやすいが対処も可能

これら5つのことから、50代から始める矯正について分かります。
確かに、矯正は誰でも行える治療ではないですが、その基準は「年齢」ではなく「口の中の健康状態」です。
ですから、例え20代の人でも歯肉・顎の骨の健康状態が悪ければ矯正は不可能ですし、
一方でこれらの健康状態に問題なければ50代の人でも矯正は可能です。

PAGE TOP