お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

虫歯ってそもそもどういう状態?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

虫歯ってそもそもどういう状態?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「虫歯とはどんな状態なのか」です。ぜひご愛読ください。
虫歯を知らない人はいないでしょうが、虫歯とはどんな状態なのかと聞かれると答えに困りますよね。

子供の頃、絵本なんかで虫歯のお話を読んだという人もいると思いますが、
絵本ではバイ菌の形をした虫歯が歯を工事して穴をあける様子が描かれています。
もちろんそれは絵ですし、現実では虫歯はどんな状態になっているのかを説明します。

1. 虫歯の状態

状態という表現で虫歯を説明するなら、「虫歯菌に歯が侵された状態」というのが答えです。
虫歯というのは突如歯に穴があくわけでなく、虫歯菌という細菌に感染することで起こる病気です。
その点で考えれば風邪と全く同じで、虫歯になることは細菌に感染したことを意味します。
さて、風邪の菌が身体に悪さをするように、虫歯菌もまた口の中である悪さをします。

虫歯菌の悪さとは酸を出すことで、それによって歯が溶かされてしまうのです。
さらに風邪の菌と違って虫歯菌は自然には消滅しないので、治療しない限りどんどん進行して歯を溶かします。
ちなみに虫歯になると歯が痛むのは、進行によって刺激に敏感な象牙質が虫歯菌に侵されたためです。
さらに状態が悪化すれば神経まで虫歯菌に侵されるため、その時は痛みどころか激痛を感じます。

2. 虫歯菌が潜む場所

そもそも虫歯菌はどこで誕生するのか?それは口の中にあるプラークや歯石です。
これらの中には億単位の細菌が潜んでおり、虫歯菌もまたその中に混ざっているのです。
歯石は歯磨きでは除去できませんがプラークなら除去できますし、プラークが石灰化したのが歯石です。
歯磨きしなければプラークは口の中に残りますし、やがて歯石へと変化します。

そして、プラークと歯石のどちらにも虫歯菌は潜んでいます。つまり虫歯予防に歯磨きが効果的なのは、
歯磨きすることで虫歯菌の潜むプラークを除去できるからなのです。
また、上記で「虫歯は風邪と同じで細菌によって感染する病気」だと説明しました。
つまり風邪と同じで人にうつることもあり、唾液を介して人から虫歯菌をもらってしまうこともあります。

3. 虫歯の進行

虫歯になった歯を見ると、その状態は様々です。単に黒ずんでいるだけの状態もあれば、
ボロボロになって歯の原型がほとんど失われていることもあります。
このように歯の状態が様々なのは、虫歯は進行する病気だからです。
虫歯菌に感染して虫歯になると歯が黒ずんでしまい、歯の状態を確認すればこの時点で虫歯に気付きます。

こうなるといくら歯磨きしても虫歯を治すことはできないですし、それどころか進行していくのです。
虫歯菌が酸を出し続けることで歯はどんどん溶かされ、歯の奥の象牙質や神経にまで進行するのです。
つまり、虫歯が進行すればするほど歯は溶かされて形を失い、いずれは完全に失われてしまうでしょう。
この進行を止めるには虫歯菌を駆除するしかないですが、それには歯科医院での治療が必要です。

4. 虫歯菌の特徴 

歯を虫歯の状態にする根源は虫歯菌です。そこで、虫歯菌がどんな特徴を持っているのか説明します。
虫歯菌は酸を出すのが仕事で、それによって虫歯に至ります。
ただ、さすがの虫歯菌も酸を出し続けるにはエネルギーが必要で、その源となるのが「糖」です。
車が走るのにガソリンが必要なのと同じで、虫歯菌が酸を出すには糖が必要なのです。

小さい頃、誰もが「甘いものを食べ過ぎると虫歯になる」と教育されたと思いますが、
これは虫歯菌が糖をエネルギー源としている特徴から言われた言葉というわけです。
一方、酸を出しても溶けにくい頑丈な歯や酸を生成しにくい環境では、虫歯菌も充分な力を発揮できません。
その環境を作るのがフッ素であり、フッ素が虫歯予防に効果的な理由はそれにあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯とはどんな状態なのかについてまとめます。

  1. 虫歯の状態 :虫歯菌という細菌に歯が感染した状態。虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされる
  2. 虫歯菌が潜む場所 :口の中にあるプラークや歯石。唾液を介して人にうつることもある
  3. 虫歯の進行 :進行すると歯の奥まで虫歯菌に侵され、象牙質や神経に進行することで痛みを感じる
  4. 虫歯菌の特徴 :糖を吸収することでより活発に酸を出す、フッ素が作り出す環境が苦手

これら4つのことから、虫歯とはどんな状態なのかが分かります。
冒頭で虫歯の状態を描いた絵本に触れましたが、実はこれは虫歯のイメージを的確に描いています。
虫歯菌は細菌の一種なので、描かれているようなバイ菌のイメージそのものです。

また、工事して穴をあけるシーンも酸を出して穴をあける状態と合っています。
さらに虫歯菌が糖をエネルギー源としていることから、甘いものを食べると虫歯になりやすいのも正解です。
つまり虫歯に感染すると、子供の頃の絵本と全く同じような状況が口の中で起こっているのです。

PAGE TOP