お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供に虫歯を感染させない方法について詳しく教えてください|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

子供に虫歯を感染させない方法について詳しく教えてください

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「子供に虫歯を感染させないための方法」です。ぜひご愛読ください。
子供でも大人でも虫歯の予防が必要ですが、予防しにくいのは子供の方でしょう。

と言うのも、歯磨きの仕方の点で子供は大人よりも技術が劣りますし、
虫歯菌が好む糖類が大好きなのも子供の特徴です。
つまり、子供は常に虫歯になるリスクを抱えているわけで、ここではその予防方法について解説します。

1. 飲食の時間をしっかり決める

口の中では、歯からカルシウムが溶ける「脱灰」と、
カルシウムが再び歯に戻る「再石灰化」が繰り返されています。
さて、もしも脱灰ばかりが起こるとすれば、歯は溶け続けて虫歯になってしまうでしょう。
その点から考えても、再石灰化がいかに重要なのかが分かります。

そして、この再石灰化がうまく行われなくなる要因になるのがダラダラと飲食することです。
例えば、1日の中でちょこちょこと何かを食べたり、すぐにジュースを飲んだりする習慣になってしまうと、
歯の再石灰化を行うタイミングが失われてしまうのです。
これを防ぐには、おやつにしても食事にしてもしっかりと時間を決めることです。

2. 歯磨きの時には仕上げをしてあげる

歯磨きの時に毎回仕上げをしてあげることで、子供は歯磨きの大切さを学びます。
親が常に意識することで子供がその大切さを学ぶのは、特に珍しいことではありません。
例えば、子供は横断歩道を渡る時に車が来ていないかどうかを確認しますが、
それは小さな頃に「横断歩道を渡る時には必ず車を確認するように」と親に教えられた成果です。

実は歯磨きにもこれと同じことが言えるのです。親が子供の歯磨きを甘くチェックすれば、
子供は歯磨きを大切なものだと思わなくなり、適当に磨く習慣が身についてしまうでしょう。
一方、親が毎回仕上げをしてあげれば子供は歯磨きが大切なのだと考えるようになりますし、
まだ先の話ですが大きくなった時、毎日の歯磨きも丁寧に行うようになるのです。

3. 親も虫歯予防をする

虫歯は細菌に感染することで起こるため、その点では風邪と全く同じです。
そして細菌の感染によって起こる以上、風邪同様に虫歯菌が親から子にうつってしまう可能性もあるのです。
このため、いくら子供の虫歯予防を徹底しても親自身がそれをおろそかにすれば意味がありません。
正確には虫歯菌は唾液を介して人にうつります。

例えば食器を共用して使う、キスをする、口うつしで食べさせるなどの行為が該当するため、
これらが原因で本当に小さな子供に虫歯菌がうつってしまうこともあるのです。
しかし、親が虫歯予防を徹底すればこれらの行為も問題なくなるため、
子供を虫歯にさせないためには家族全員で虫歯予防することが大切です。

4. 歯科医院で予防治療を受ける

子供の場合は小児歯科を利用するのが主でしょうが、
歯科医院では虫歯を治すための治療だけでなく、虫歯を予防するための治療も受けられます。
例えば、口の中が虫歯になりにくい環境にするためのフッ素塗布やシーラントなどが一般的です。
フッ素は生えたてのまだ軟らかい歯を早く硬く丈夫にする効果もあります。

シーラントは聞いたことがないという人も多いので簡単に説明すると、
奥歯の溝にシールを貼ることで溝をなくし、それによって虫歯を予防する方法です。
子供の奥歯は磨きにくいですし、溝ができていることで虫歯になるリスクが高いのです。
その溝にシールを貼ることで溝を覆い、虫歯ができるのを予防することができるのです。

5. よく噛んで食べる意識を持たせる

子供の頃、親や園の先生から「よく噛んで食べましょう」と教えられた人もいると思います。
これは正しいことで、よく噛んで食べることは虫歯の予防にも繋がります。
なぜなら、よく噛んで食べることで唾液の分泌量を高めることができるからです。

そして、唾液の分泌量は噛む回数に応じて高まるため、噛めば噛むほどたくさん分泌されるのです。
注意点としては、やわらかいものばかりでは噛む機会が失われてしまうため、
無理のない範囲で噛む必要のあるかたいものを食べさせてあげることも大切です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供に虫歯を感染させないための方法についてまとめます。

  1. 飲食の時間をしっかり決める :ダラダラ食べると歯の再石灰化がされにくくなるため、虫歯になりやすい
  2. 歯磨きの時には仕上げをしてあげる :いつも仕上げをしてあげることで、歯を磨く大切さを子供が覚える
  3. 親も虫歯予防をする :虫歯菌は唾液を介して人から人へ感染するため、家族全員で虫歯予防をするべき
  4. 歯科医院で予防治療を受ける :フッ素の塗布など、歯科医院では虫歯を予防するための治療もある
  5. よく噛んで食べる意識を持たせる :よく噛むことで唾液の分泌量を高め、細菌の洗浄効果を高める

これら5つのことから、子供に虫歯を感染させないための方法が分かります。
もちろん歯磨きはしているでしょうが、それだけでは虫歯の予防としては不充分です。
子供を虫歯に感染させないためには、今回お伝えしたことを実践してこそ虫歯予防の効果が得られます。
小さな子供の頃から虫歯になってしまうと大人になっても虫歯になりやすくなってしまうため、
将来のことも考えて子供の頃から虫歯予防を徹底してあげてください。

PAGE TOP