お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「歯周病と虫歯の予防方法は違うのか」です。ぜひご愛読ください。
歯周病も虫歯もお口の中の健康を脅かす病気であり、どちらも予防の徹底が必要です。

ちなみに歯周病と虫歯の予防を考えた時、予防方法に違いがあるのか気になるという人も多いでしょう。
歯周病は歯肉の病気なのに対して虫歯は歯の病気ですし、2つの病気は全くの別物です。
と言うことは予防方法も違うのではないかと思うのは当然でしょうし、今回はその点についてお話しします。

1. 虫歯の要因

虫歯は虫歯菌に感染することで起こります。虫歯菌はお口の中のプラークの中に存在しており、
虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされると虫歯になってしまいます。
また、割合としては歯の表面に付着したプラークによって虫歯になることが多いですね。
さらに詳しく言えば歯ブラシが届きにくい「歯と歯の間」、ここから虫歯が起こるケースが大半です。

2. 歯周病の要因

周病は歯周病菌に感染することで起こります。歯周病菌もまたプラークの中に存在していますが、
歯周病の場合は歯周ポケット、すなわち「歯と歯肉の間」に溜まったプラークから起こりやすいです。
また、プラークは時間が経つと歯石になりますが、歯石ができることで歯周病になるリスクはより高まります。
歯周病の場合は目立った自覚症状がないため、知らない間に引き起こされていることもあります。

3. 予防方法は同じ

歯周病は歯周病菌によって引き起こされ、虫歯は虫歯菌によって引き起こされます。
このようにそれぞれの病気を引き起こす細菌は種類が異なるものの、
その細菌がプラークの中に潜んでいるという点では同じです。

つまりプラークを除去することが歯周病と虫歯の予防の基本であり、歯周病も虫歯も予防方法は同じです。
そして、具体的な予防方法となるのが「歯磨き」と「歯科医院で定期検診を受けること」です。
歯周病と虫歯は起こる症状こそ全く異なるものの、予防方法においては全く同じなのです。

4. デンタルフロスと歯間ブラシ

歯磨きの際、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを使うとより効果的です。
中には、実際に歯科医からこれらの使用をすすめられた経験がある人もいるのではないでしょうか。
歯ブラシだけでは、いくら丁寧に磨いてもプラークの除去率は6割ほどとされています。
しかし、デンタルフロスや歯間ブラシを使用することでその除去率をさらに2割高めることができるのです。

ではここで、今度はデンタルフロスと歯間ブラシを比較してみましょう。
デンタルフロスと歯間ブラシは何が異なり、またどちらを使用するのが良いのでしょうか?
これについて回答すると、まずどちらを使用した方がおすすめというものはありません。
と言うのも、デンタルフロスと歯間ブラシはそもそも得られる予防効果に違いがあります。

デンタルフロスは歯と歯の間を綺麗にするためのもので、虫歯予防の効果が高まります。
一方歯間ブラシは歯と歯肉の間を綺麗にするためのもので、歯周病予防の効果が高まるのです。
つまりデンタルフロスは虫歯予防向けで、歯間ブラシは歯周病予防向けということになります。

5. 定期検診の重要性

歯周病と虫歯、両方の予防に欠かせないのが歯科医院で受けられる定期検診です。
定期検診ではお口の中の状態をチェックするため、
自分では気付きにくい初期段階の歯周病や虫歯を発見することができます。

また、お口の中のクリーニングではプラークだけでなく歯磨きでは対応できない歯石も除去できるのです。
さらに正しい歯磨きの方法の指導を受けられるため、それによって毎日の歯磨きの精度を高まります。
歯周病と虫歯を徹底予防するなら、定期検診を受ける習慣を身につけてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の予防方法は違うのかについてまとめます。

  1. 虫歯の要因 :プラークに潜む虫歯菌。主に歯の表面、歯と歯の間に溜まるプラークが原因になりやすい
  2. 歯周病の要因 :プラークに潜む歯周病菌。主に歯と歯肉の間に溜まるプラークが原因になりやすい
  3. 予防方法は同じ :どちらの細菌もプラークに潜んでいることから、どちらもプラークの除去が予防の基本
  4. デンタルフロスと歯間ブラシ :デンタルフロスは虫歯予防向け、歯間ブラシは歯周病予防向け
  5. 定期検診の重要性 :歯周病も虫歯も予防するためには歯科医院の定期検診が欠かせない

これら5つのことから、歯周病と虫歯の予防方法は違うのかが分かります。
予防方法は同じですが、異なった細菌が要因になる以上どちらか一方だけが起こることはあり得ます。
このため、虫歯がないからと言ってその人に歯周病がないとは限りません。

逆に歯周病がないからと言って、虫歯もないとは限らないのです。
とは言え、歯磨きと定期検診を欠かさなければどちらも予防効果しやすくなるでしょう。
お口の健康を維持するため、歯周病も虫歯も徹底予防してください。

PAGE TOP