お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

定期健診はなぜ必要なのですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

定期健診はなぜ必要なのですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「定期健診が必要な理由」です。ぜひご愛読ください。
歯科医院に行った時、歯科医から定期健診をすすめられた経験がある人も多いと思います。

ではなぜ歯科医は定期健診をすすめるのか?…それは患者さんの歯を守るためです。
多くの人は歯科医院に行く時、お口の中の病気を治すため、言わば治療ために行くのが大半です。
しかしそれだけではなく、お口の中を病気から守るため、つまり予防のために行くことも大切です。

1. 虫歯の早期発見

虫歯になると歯が痛くなりますが、実際には「虫歯=歯が痛む」とは限りません。
虫歯になりたての初期段階においては歯に痛みはないですから、
言ってみれば歯が痛くなくても虫歯になっている可能性があるわけです。

さて、ここで問題なのが痛まない虫歯にどうやって気付けるのかということです。
痛みという自覚症状がなければ自分が虫歯であることに気付けないですし、
自覚症状が起きた時にはある程度進行してしまっているのが虫歯の特徴です。

しかし、定期健診を受けることで歯科医がお口の中をチェックするため、
自分では気付けない初期段階の虫歯も発見できるのです。
早期発見して治療すれば簡単な治療ですみますし、症状次第では削らずに治療することだって可能です。

2. 歯周病の早期発見

歯周病は「静かに進行する病気」といわれるほど自覚症状の少ない病気です。
進行すれば「歯がグラつく」などの自覚症状がありますが、
初期段階では「歯肉の腫れや変色」程度の自覚症状しかなく、痛みもないのです。

このため、歯周病の初期段階で自分が歯周病であることに気付ける人はほとんどいないのが現状です。
そんな中、虫歯の早期発見同様、定期健診を受けることで歯周病もまた早期発見が可能です。
歯周病の場合も早期発見できれば簡単な治療ですみ、深刻な問題に発展することはありません。

さて、そもそもなぜ歯科医がこのように歯周病の早期発見を重要視するかというと、
「日本人の成人の7割が歯周病」、「日本人が歯を失う要因のトップは歯周病」などの事実があるからです。
気付きにくいことで進行してしまう以上、定期健診による早期発見と早期治療が重要になるのです。

3. 虫歯や歯周病の予防

定期健診は虫歯や歯周病の予防のためにも必要です。
これらの予防の基本は歯磨きですが、歯磨きだけでは確実に予防することはできません。
虫歯も歯周病も確実に予防するためには、定期健診を受けることが欠かせないのです。

では実際に定期健診を受けることでどんな効果があるのかですが、
まずお口の中をクリーニングすることでプラークや歯石を完全に除去できます。
特に歯石は歯磨きでは除去できないため、歯石がある人にとってクリーニングは大きな魅力です。

また、正しい歯磨きの方法を指導も行っているため、
定期健診を受けた患者さんの歯磨きの技術を高めることができるのです。
これらの予防効果は、いずれも定期健診を受けなければ得られない効果です。

4. 詰め物や被せ物の状態を確認

一度治療した歯は詰め物や被せ物で処置されていますが、
詰め物や被せ物で処置された歯は二次虫歯になる可能性があります。
実際に成人の虫歯においては、ほとんどの患者さんが二次虫歯によるものです。

しかし、詰め物や被せ物に覆われていることで二次虫歯は気付きにくいという問題があります。
そして、その問題を解決できるのが定期健診です。
定期健診では歯科医がお口の中をチェックするため、詰め物や被せ物の異変も分かります。

そもそも詰め物や被せ物には寿命があり、年数が経つにつれて劣化していきます。
だからこそ、二次虫歯を防ぐには詰め物や被せ物の劣化に気付くことが大切です。
その点、定期健診を受けていればこのような劣化に気付き、再び新品のものと交換できるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、定期健診が必要な理由についてまとめます。

  1. 虫歯の早期発見 :定期健診を受ければ初期の虫歯も発見でき、症状次第では削らずに治療もできる
  2. 歯周病の早期発見 :歯周病は日本人にとって深刻な病気。いち早く発見するには定期健診は欠かせない
  3. 虫歯や歯周病の予防 :クリーニングや正しい歯磨き方法の指導で、虫歯や歯周病を予防しやすくなる
  4. 詰め物や被せ物の状態を確認 :詰め物や被せ物の状態を確認して、深刻な二次虫歯を予防する

これら4つのことから、定期健診が必要な理由が分かります。
定期健診は大切な歯を守るために必要です。虫歯や歯周病は進行すれば歯を失う要因になりますし、
いち早くこれらを発見することが歯を守ることに繋がり、早期治療すれば治療の負担も減少します。

また、定期健診の目的はこうした病気を早期発見するだけでなく、予防することにもあるのです。
毎日の歯磨きというのは言わば予防の基本であり、それだけでは虫歯も歯周病も確実には予防できません。
定期健診を受けることで予防効果はさらに高まり、いつまでも健康な歯を維持し続けることができるのです。

PAGE TOP