お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

人によって、「虫歯のなりやすさ」に差はあるのでしょうか?またあるとすれば原因は?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

人によって、「虫歯のなりやすさ」に差はあるのでしょうか?またあるとすれば原因は?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「虫歯になりやすい人となりにくい人」です。ぜひご愛読ください。
子供ならともかく、大人は誰でもそれなりに丁寧な歯磨きをして、自分の歯をケアしているでしょう。

それにもかかわらず、すぐ虫歯になってしまう人もいれば、ほとんど虫歯にならない人もいます。
この事実から予想できるのが、元々虫歯になりやすい人となりにくい人がいるのではないかということです。
そして、もし人によって虫歯のなりやすさに差があるとすれば、その差はどこにあるのでしょうか。

1. 唾液の差

虫歯になりやすいかなりにくいか、その差を生む要因の1つが唾液であり、正確には「唾液の量と質」です。
そもそも唾液はお口の中に溜まる細菌を洗浄する役割を持っており、
私達の歯や歯肉を虫歯菌や歯周病菌から守ってくれているのです。

ただし、唾液の量と質は人によって異なっており、量が少なくてネバついていると虫歯になりやすいのです。
この理由についてですが、まず唾液の量が少ないことで細菌の洗浄効果が不充分になりますし、
ネバついて唾液をしているとその性質上、お口の中全体に唾液が行き届きにくくなるからです。

2. 噛み合わせの差

噛み合わせが悪い人と良い人、この違いもまた虫歯になりやすいかなりにくいかの差を生みます。
そして、虫歯になりやすいのは噛み合わせが悪い人です。これも理由を説明すると、
まず噛み合わせが悪いことで歯並びが悪いことが想像できます。
歯並びが悪いと歯磨きしにくい箇所が出てきますし、そういった箇所には細菌が溜まってしまいます。

そうなると、当然その箇所は虫歯になりやすくなるでしょう。
また、噛み合わせが悪いことで特定の歯に負担を掛けると、
それが原因で歯の表面のエナメル質がひび割れを起こすことがあるのです。
エナメル質がひび割れることで細菌が侵入しやすくなるため、虫歯菌もまた侵入しやすくなるのです。

3. 歯磨きの精度の差

歯磨きをしているかどうかで言えば、誰もが歯磨きをしていると思うのでここに差はありません。
しかし、歯磨きの精度で比較すれば差は生まれます。
そして、言うまでもなく精度の高い歯磨きをしている人は虫歯になりにくいのです。

同じ歯磨きをするにしても一方の人はデンタルフロスを使用して、さらに正しい歯の磨き方を知っている、
もう一方の人は歯ブラシのみで短時間で磨いている…この場合、生じる差は相当大きくなるでしょう。
歯磨きしているのに虫歯になりやすいと自覚している人は、歯磨きの精度に問題がある可能性があります。

4. 食事の際の噛み方の差

食事の時によく噛んで食べる人とそうでない人、この違いもまた虫歯のなりやすさの差にかかわります。
これは、上記でも説明して「唾液」が関係してくる問題です。
食事の際には唾液がでますが、この時の唾液の分泌量はよく噛むかどうかで変化します。

つまり、食事の際は噛めば噛むほどたくさんの唾液が分泌されるのです。
さて、上記の説明と重複しますが、唾液は細菌を流してお口を洗浄するという役割を持っています。
このため、食事の際によく噛んで食べている人は、それだけ唾液の分泌が高まって虫歯になりにくいのです。

5. 遺伝の差

歯の強さというのは遺伝も関係しています。
このため、遺伝によって歯が強く虫歯になりにくい人がいるのは事実ですし、
逆に遺伝によって歯が弱く虫歯になりやすい人がいるのも事実です。

しかし、これにおいては決定的を言えるほどの大きな差はありません。
と言うことは、いくら両親に虫歯がなくても、歯のケアを疎かにしていれば虫歯になるということです。
遺伝による歯の強さの差があるのは事実なので敢えてここで挙げましたが、
これについてはそこまで気にしなくてもいいポイントです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯になりやすい人となりにくい人についてまとめます。

  1. 唾液の差 :量が少なくてネバついた質の唾液をしている人は虫歯になりやすい
  2. 噛み合わせの差 :噛み合わせが悪いと、歯磨きがしにくいなどの理由から虫歯になりやすい
  3. 歯磨きの精度の差 :歯磨きの精度は人によって差があり、その差が虫歯になるリスクの高低に影響する
  4. 食事の際の噛み方の差 :よく噛んで食べる人は唾液の分泌が高くなり、虫歯になりにくい
  5. 遺伝の差 :遺伝による歯の強い弱いは確かにあるが、これについては気にしなくていいレベル

これら5つことから、虫歯になりやすい人となりにくい人が分かります。
問題は虫歯になりやすい人の虫歯の予防方法ですが、これについては2つのことを心掛けてください。
1つは丁寧な歯磨きをすることで、デンタルフロスを使うなどして少しでも磨き残しを減らしましょう。

もう1つは歯科医院の定期検診を受けることで、定期検診を受ければお口を定期的にクリーニングできますし、
正しい歯磨きの方法の指導も受けられるため、毎日の歯磨きの精度が確実に高まります。
これら2つを実践していれば、それだけで虫歯になるリスクを大幅に減らせます。

PAGE TOP