お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

妊娠中から生まれてくる子供のために出来るデンタルケアにはどのようなものがありますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

妊娠中から生まれてくる子供のために出来るデンタルケアにはどのようなものがありますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「妊娠中、生まれてくる子供のためにできるデンタルケア」です。ぜひご愛読ください。
妊娠中、母となる女性の身体の状態はあらゆる点でお腹の赤ちゃんに影響します。
だからこそ、妊娠中は普段のように風邪薬が飲めないですし、喫煙に至っては厳禁行為とされています。

これはお口の状態においても例外ではなく、母となる女性のお口の状態が悪くなると、
それがお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうのです。
では実際にどんな悪影響を及ぼすのか?それを防ぐためのデンタルケアにはどんな方法があるのか?
これら2つのことを分かりやすく説明していきます。

1. 歯周病を予防する

妊娠中の女性が最も注意しなければならないお口の病気が歯周病です。
まず、妊娠中の女性が歯周病になることで、早産を引き起こすリスクが5倍以上高まるとされており、
それだけでなく低体重児出産のリスクも同様に高くなります。
さらに問題なのが、妊娠中の女性は歯周病にかかりやすくなるということです。

これは妊娠したことによって女性ホルモンが過剰に分泌するのが原因で、
歯周病菌の中には女性ホルモンをエネルギーにするものもあるのです。
つまり、妊娠中の女性は歯周病菌にとって栄養だらけの環境になってしまうのです。
歯周病は自覚症状がなく気付きにくいので、予防のためには歯科医院で定期検診を受けましょう。

2. 栄養バランスを考えて食事する

お腹にいる赤ちゃんは、母となる女性が摂取する栄養の一部を自分の栄養にして成長します。
そして、これは赤ちゃんの歯にも言えることなのです。専門的な表現で説明するなら、
妊娠中に歯の形成に必要な栄養素を摂取することが、生まれてくる子供の歯を強くするのです。

最も、生まれたばかりの赤ちゃんには歯はないですし、生えてくる歯も最初は乳歯です。
しかし、実際には女性が妊娠している段階で永久歯の一部も作られているのです。
と言うことは、栄養バランスを考えた食生活を心掛けなければ、
赤ちゃんの乳歯だけでなくいずれ生えてくる永久歯においても悪影響を及ぼします。

3. 虫歯に注意する

最初に言っておくと、妊娠中の女性が虫歯になったとしてもその子供が虫歯になるとは限りません。
しかし、妊娠中の女性と生まれてくる子供の関連については、こんなデータがあるのです。
それは、「2歳の子供の虫歯になる確率を考えた時、母親が妊娠中に虫歯になるかならないかでは、
虫歯になった時の方が2歳の子供が虫歯になる確率が高い」というものです。

最も、現時点では母親の妊娠中の虫歯と子供の虫歯とを関連付ける根拠はないため、
これは単なる偶然なのかもしれません。しかし、データで判断すると関連がある可能性は高いでしょう。
さらに、妊娠中の女性はつわりなどの理由から虫歯になりやすい特徴があるため、
どちらにしても妊娠中は普段以上に虫歯に注意しなければなりません。

4. つわり時の歯磨き

妊娠することでつわりが起きますが、これを抑えることはできません。
ここで問題なのが、つわりが起こることでお口の中に細菌が溜まってしまうということです。
言ってみればつわりは嘔吐と同じですから、胃液が出ることでお口の中が酸性になってしまうのです。
お口の中の環境が酸性であることは虫歯菌を生む要因ですし、そのためにも丁寧な歯磨きは欠かせません。

しかし、つわりが酷いと歯磨きするのも辛くなるため、とても丁寧は歯磨きなどできないのが現実です。
そこで、つわりが起きている女性は辛くない歯磨きの仕方を考えてください。
例えば、歯磨きのタイミングにはこだわらなくていいでしょう。食後というマニュアルはこの際無視して、
気分が良く磨く余裕があるタイミングで歯磨きすればいいのです。最もいけないのは、歯磨きしないことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠中、生まれてくる子供のためにできるデンタルケアについてまとめます。

  1. 歯周病を予防する :妊娠中に歯周病になると早産や低体重児を出産するリスクが高まる
  2. 栄養バランスを考えて食事する :妊娠中、歯の形成に必要な栄養素の摂取が子供の歯を強くする
  3. 虫歯に注意する :親が妊娠中に虫歯になると子供も虫歯になりやすいというデータがある
  4. わり時の歯磨き :つわりで歯磨きがつらくても、タイミングなどを工夫して歯磨きはするべき

これら4つのことから、妊娠中、生まれてくる子供のためにできるデンタルケアが分かります。
妊娠中の虫歯や歯周病は生まれてくる子供のためにも予防が必要ですが、
つわりなどの理由からむしろ普段以上に予防しにくいという問題があります。

正直言って、自分の力だけでこれらを完全に予防するのは困難ですし、
歯周病に至っては気付かない間に引き起こされている可能性もあります。
そこで、体調が良い時で構わないので歯科医院で検診を受け、歯科医と一緒にデンタルケアをしましょう。

PAGE TOP