お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供に矯正をすすめたいですが、本人が検査や治療に耐えられるか心配です|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

子供に矯正をすすめたいですが、本人が検査や治療に耐えられるか心配です

東京都三田の矯正歯科・顎変形症治療専門の鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「小児矯正を検討する親へのアドバイス」です。ぜひご愛読ください。
小児矯正の場合、治療は本人ではなくその親が望んで行うケースが多いですね。

確かに、将来のことを考えれば子供の歯並びの悪さは改善するのが理想ですが、
ただ一方的にすすめていては子供も治療を嫌がってしまうでしょう。
そこで、子供に小児矯正をすすめたい親にむけて医師の視点からアドバイスします。

一方的に矯正をすすめてはいけない

年齢的に考えれば、子供が矯正を自ら望むことはないでしょうし、
そもそも矯正という治療があること、歯並びの悪さが問題をもたらすことすら分からないでしょう。
しかしだからと言って親が一方的に矯正をすすめてはいけません。

小児矯正は子供の矯正とは言え、本人の協力なくては成功しない治療であり、
そのため子供に矯正の大切さを伝えて納得してもらった上で治療を始めなければなりません。
仮に子供が矯正に非協力になった場合、その気になれば矯正装置も外せてしまうのです。

検査や治療に対する不安

小児矯正の検査や治療は、親でもその内容を把握しきれているわけではないため、
子供が検査や治療に耐えられるのか不安に感じるのは当然だと思います。
正直なところ、そもそも歯科医院は子供が嫌う病院の代名詞ですからね。

ただ、医師も子供に対して小児矯正のことを分かりやすく丁寧に説明しますし、
例え小さな子供であったとしても納得してくれるまで何度も繰り返し説明します。
また、検査や治療ついても最初は慣れる大切さを考え、無理に矯正をすすめていくことはないので安心です。

痛みに対する不安

矯正に対して子供が最も不安に思うのは、治療に対する痛みの有無でしょう。
「歯科医院の治療=痛い」のイメージは大人でさえ持っており、子供が不安に思うのも無理ありません。
そこでお答えすると、確かに矯正に痛みはありますが、それは歯が移動するために起こる痛みです。

ですから常に痛みを感じるわけではないですし、痛みの類によっては慣れで解消されることもあります。
また、大人になってから矯正する場合に比べると小児矯正の痛みは小さく、
どちらにしても矯正するなら子供の時…すなわち小児矯正を行った方がメリットは多いのです。

小児矯正のメリット

矯正を子供にすすめる際、子供を納得させるためには治療のメリットを伝えるのが効果的です。
「矯正すれば〇〇になる」…小児矯正によって得られる〇〇のメリットを子供が理解してくれれば、
子供も矯正することに前向きになってくれるでしょう。そんな小児矯正のメリットには次のことがあります。

歯並びが綺麗になる

歯並びの悪さは目立ちますから、子供達の中ではからかいの対象になるかもしれません。
また、大人になれば誰もが見た目を気にしますから、そんな時に歯並びが悪ければ悩んでしまうでしょう。
しかし、小児矯正で今のうちに歯並びを改善しておけば、大人になってからそれで悩むことは一切ありません。

大人になってから矯正するよりも良い

もちろん、矯正は大人になってからでもできます。
ですから、子供も大人になってからすれば良いと思うかもしれません。
しかし、痛みの大きさや治療期間などを考えると、治療のタイミングは子供の時に行った方が良いのです。

虫歯になりにくくなる

子供なら誰もが怖れる虫歯…実は矯正すればその虫歯を今より格段に予防しやすくなります。
と言うのも、歯並びを改善すれば歯磨きがしやすくなり、磨き残しが大幅に減るからです。
「矯正すると虫歯を予防しやすくなる」は、子供にとってこの上ないメリットではないでしょうか。

非抜歯で治療できる確率が高い

あくまで歯並びの状態次第ですが、大人の矯正ではほぼ抜歯が必要になります。
一方、小児矯正では子供の歯や顎の成長を正常に促しながら治療をすすめられるため、
大人の矯正に比べて非抜歯で矯正できる確率が高くなるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児矯正を検討する親へのアドバイスについてまとめます。

1. 一方的に矯正をすすめてはいけない :矯正することを理解・納得してもらわなければ治療は成功しない
2. 検査や治療に対する不安 :医師も子供に治療内容を丁寧に説明するため不安はない
3. 痛みに対する不安 :痛みはあるが、大人になってから矯正するよりも痛みは小さい
4. 小児矯正のメリット :歯並びが綺麗になる、大人になってから矯正するよりも良い、虫歯になりにくくなる

これら4つのことから、小児矯正を検討する親へのアドバイスについて分かります。
大人になってから矯正すれば、少なくとも治療が終わるまで歯並びの悩みは解消されず、
思春期の年齢ではある意味大人の時期以上に歯並びの悪さで悩んでしまうでしょう。

しかし、小児矯正で子供の時に歯並びを改善すれば、将来こうした悩みを抱えることはなくなりますし、
何より虫歯になりにくいなど、歯の健康面において多くのメリットがあるのです。

PAGE TOP